HinotoYasuakiraの感じたままに

真の主権国家たれ。真の平和国家たれ。真の平等国家たれ。真の自給国家たれ。

明治維新以降の日本人が造ってきた日本。

図らずも私が島国の日本人を観察して気がつけば半世紀を超えましたが、この国の人間を評価すると、親切・素朴・勤勉・温厚・従順という言葉が最初に思い浮かびます。しかしこうした特性は、ときに権力に対しても無防備に働く怖さがあるように見受けられます。それを権力者たちは上手く利用して「日本人は団結力がある」と思い込ませた上で、国家に対する忠誠と市民同士の監視体制を強めてきた歴史があります。

明治維新以降、西洋的な価値観に中核的日本人が洗脳されて以来、人格のある長が分け隔てなく民を潤すなどといったナイーブで古典的な政治は泡と消えました。今この国にあるのは、人心を掌握し、洗脳し、搾取し、徹底して国家管理の下に不自由を強いる。それだけです。

ヘイトスピーチも権力の意図であるのは云うまでもありません。日本という島国が単一民族であるはずもなく、とくに半島とは密接な関係を背景に歴史を紡いできました。しかしどうしてもその事実を受け容れたくない者たちが存在します。興味深いのは、歴史的に自ら半島の血を引く者ほどその傾向が強いようです。

混血は人類の宿命なのですが、この国を身体障害国にしたい者たちは神をも恐れぬ「一民族、一国家、一言語、一文化」などという説を恥ずかしげもなく吹聴します。地球上にそんな国や民族がいたら見てみたいものです。

戦後GHQは日本人を政治音痴に仕立て上げました。その理由は、アメリカが日本を統治するためです。その為に庶民が政治に関心を抱くのはダサイという社会風潮をマスメディアを利用して創り上げました。現に日本人は口癖として「こんなところで政治の話はやめようよ」とよく言います。そして人が集まる場所での政治的談義は疎まれるようになりました。

戦後アメリカ軍が居座り続けている敗戦国は日本だけです。しかもそのアメリカ軍は日本国憲法よりも強い日米地位協定で日本を完全支配下に置いています。政治家も検察もアメリカに隷属する者たちにしか地位を与えません。岸信介正力松太郎がCIAのスパイであった時代から今日まで、この日本に真の戦後はまだ訪れてはいないのです。

先にも書きましたが、この国にはある独特の国粋主義者たちが存在します。彼らを見ると国をこよなく愛する日本人の代表のように見えますが、実は半島との密接な関係ありきで、その幕裏では単純ならざる思惑が蠢いているのが分かります。

地政学的に考えて、どの国も隣国とは友好関係を築きたいと考えるものですが、どういうわけかこの日本は違います。中国、朝鮮とは戦後もほぼ敵対関係にありますし、韓国との間にも嫌韓反日といった状態がずっと続いています。しかしながら、日本にとって中国や朝鮮は歴史的にも民族的にも、切っても切れない深くて永い関係があるのです。

つまり、こうした日本の意思決定には、それを操る陰の別の力が存在しているということです。日本が中国や韓国、北朝鮮と独自の友好関係を持つことが自国の不利益に繫がると考える国、それがアメリカなのです。かつて、アメリカとは一線を画す立場にいた自民党田中角栄は、アメリカの意に反して中国との国交を独自で樹立した結果、物の見事にロッキードで葬られました。そうした事例は枚挙に暇がないほどです。

対立は生まれるものではなく生み出すものというのが戦争ビジネスの基本です。これからもこの日本がアメリカに隷属し続ける限り、日本に真の平和や隣国との有益な国際関係など、ほぼ夢の又夢ではないでしょうか。こうしたカラクリを日本人もそろそろ現実的に理解し、アメリカに盲目的に従う似非民族主義者から私たちの人権と国家主権を真剣に取り戻すことを考えなければ、これからも私たちは権力者の掌の上でいいように転がされ続けるでしょう。

Abema TVの「よるバズ」で、みのもんた田中真紀子にインタビューしています。そこでの田中真紀子の発言には、一般庶民がこれからの日本を考えるヒントが散りばめられています。安倍政権の立ち位置も分かりやすい。是非見てもらいたいものです。
https://www.youtube.com/watch?v=RiGuBk7-BYA

 

blog.goo.ne.jp

成人式、いるか !?

毎年毎年、新成人が成人式で暴れるニュースが報道されるが、そもそも今どきみんなを集めた成人式など必要なのか。中には諸事情あって式典に参加できない成人たちもいるはずだ。それぞれ自分の誕生日に家族や個人で祝えばいいだけの話であって、わざわざ集団で税金をつぎ込んでまでやるほどの意味はない。しかもバカ共が大暴れしたりして、まさに成人ではなくガキの学芸会みたいなものだ。女の子は女の子で、この日のために借りたか作ったかは知らないが、凡そ似合いもしない振り袖を着て違和感に満ちた振る舞いを撒き散らしている。成人とは社会に責任を持つ人間になることであるが、責任どころかマナーの何たるかすら知らない愚かさのオンパレードである。こんな無意味で幼稚な式典など一日も早く取り止めることだ。

 

www.j-cast.com

鳥肌の立つカレー・チキンカレー

f:id:HinotoYasuakira:20180104230152j:plain

残念ながら、鳥肌まったく立たず。しかし化学調味料の味は殆どしなかったのが救い。

 

小野員裕の鳥肌の立つカレー 「チキンカレー」 | 名店シリーズ | 家庭用商品 | エム・シーシー食品株式会社

原初的なセックスエネルギーだけが、 愛へ開花することが出来る。


osho
自然は律動的な調和だ。
ところが、人間が自然に押し付けた人工的なもの、
自然に反して工作したもの、生の流れの中に
人間が投げ込んだ機械発明は、多くの場所に
障害を生み出し、その流れを止めてしまった。

さもなければ、愛の川は自由に流れ、
神の海に行き着いていたに違いない。

愛は、生まれながらにして人間の内部にある。

もし障害が自覚を伴って取り除かれたら、
愛は流れることが出来る。
そうなれば、愛は神に触れるほどに、
至上の存在に触れるほどまでに高まることが出来る。

これら人工的な障害とは何だろう?
まず第1に、最も明らかな障害は、
セックスへの反対、情熱に対する非難だ。
この障害が、人間の中の愛の誕生の可能性を破壊して来た。
単純な事実は、セックスが愛の出発点だということだ。

セックスは愛に至る旅の始まりだ。
その起源、愛と言うガンジス河の源、
ガンゴトリは、セックス、情熱だ。

が、誰もがその敵であるかのように振る舞う。
あらゆる文明や宗教、あらゆるグル(導師)、
見者はこのガンゴトリ、この本源を攻撃して来た。
そして川は抑えられたままになっている。

私達は、旅をして愛の内なる海に行き着くのは、
最終的にはセックスエネルギー自体で
あることを理解しない。

愛は、セックスエネルギーの変容したものだ。

愛の開花は、セックスという種からやって来る。

セックスエネルギーだけが、愛へ開花することが出来る。
人間は、自分のエネルギーと闘うことを強いられて来た。
人間は自分のセックスエネルギーと闘うように、
セックスの衝動に反対するようにと教えられて来た。

セックスは人間の原初の地点だ。
彼はそこから生まれた。
神が創造の出発点として
セックスというエネルギーを創った。
そして人間は、神自身それを罪と見なさなかったものを
罪深いと言う!

もし神がセックスを罪と見なすのなら、
その時にはこの世界において、
この宇宙において、神ほどの罪人は他にいない。

あなたは、花が開いているその状態は
情熱の表現だということ、
それは性的な行為だということを
理解したことはないだろうか?

目にも鮮やかな美しさに満ちた孔雀のダンス、
詩人はそれを歌い、聖人もまた喜びに満ち溢れる。

だが彼らは、そのダンスもまた情熱の公然たる表現であり、
本来、性的な行為だということに気づいているだろうか?
誰を喜ばすために孔雀は踊るのだろう?

孔雀はその愛する者、その連れ合いを呼んでいる。
ヒバリが鳴いている、カッコウが鳴いている。

少年は青年になり、少女は女へと成長する。
この全ては何だろう?

何という遊び、何というリーラだろう?

これらは全て愛、性的なエネルギーの現れだ。

この愛の現れは変容されたセックスの表現だ。
それはエネルギーで溢れ、セックスを肯定している・・

人の全生涯を通じて、愛のあらゆる行為、

愛のあらゆる態度とその衝動は、

原初的なセックスエネルギーの開花としてある。

体験することを目的として生きる

そうならば 私は今『思い通り』に
生きている ということではないか。
津留晃一
私は初めに「あなたは無限です」と言われました。
会社を倒産させ全てを失ったと
思い込んでいた私に向かってです。
どん底だった私は
「そんな馬鹿な」と
考えながらも

その言葉を信じてみようと
思いました。

そのたった一言から始まりました。
「私が無限であるという事は、
私は全てという事だ」。
「私が全てという事は、
私が神だという事だ」。
「私が神だという事は、
倒産は私が仕組んだという事だ」。
「私が仕組んだという事は、
私がそれを知りたかったという事だ」。
「何だ、これこそ
私がしたかった事なのか、
そうならば
私は今『思い通り』に生きている
ということではないか」。

人間の苦しみは、
その原因を調べてみると
全てがたったひとつに帰結します。
それは自分の「思い通り」でない
ということだけです。
実に単純な事です。

5万人から愛されたとしても、
たった一人、
自分が愛されたいと思っている人が
思い通りにならないといって、
身を投げたタレントがいました。

仏陀
「母の命さえ救えないなんて、
王位という最高の権限・権力に
どんな意味があるというのだろうか」
と出家してしまいました。
9999の望みが叶ったところで、
たった一つが
思い通りに行かなければ
自我にとっては
その全てにおいて不幸と感じます。

「お前はこんなに
満たされているというのに、
なんて欲張りなのんだ」と
人を咎めてみても仕方ありません。
人間とはそういうものなのですから。
「私が神であるという事は、
私は何かを成し遂げる為に
わざわざ来るはずがない。
体験こそ私がしたかった事なのだ。

だったら今体験している私は
全てが『思い通り』
という事ではないか。
私はこれまで何かを
『する』事を目的としてきたが、
これからは『体験』を
私の目的としよう。

起きてくる事こそ私が、
体験したかった事なのだから。」
こう思えるようになって以来、
私の世界から
「思い通り」でない事が
消えてしまいました。
想いを遂げて
思い通りにして行くよりも、
ずっと容易に
「思い通り」を達成しました。

この世界を、体験の世界という窓を
通して見るようにしただけで
心は安らぎ、静寂を得ました。

心の揺らぎが
瞬間の範囲以内に
治まるようになりました。

これは「私が無限である」
と言う単純な考え方を、
そうだと仮定したことにより
起こってきたものです。