HinotoYasuakiraの感じたままに

真の主権国家たれ。真の平和国家たれ。真の平等国家たれ。真の自給国家たれ。

スパイプログラム

NEWS23 オリバー・ストーン監督が明かした衝撃情報 「日本は昔持っていた主権がない。アメリカの衛星国で人質なのです」
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/380.html

オリバー・ストーン監督が明かした“衝撃情報”
動画→http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2962642.htm
18日23:38 TBS

※テロップ文字お越し

オリバー・ストーン監督

訪れると毎回印象が違う興味深い国だ。いい食事、いい文化、教養もある賢い人たちです。でも、ひとつだけ問題がある。

あなたはジャーナリスト。ジャーナリストはすぐに真実を知りたがるけど僕はドラマティストだ。まず、物語を伝えて核心に触れてから真実を明かします。だから最後に日本の問題について言おうと思う。インタビューの最後まで覚えていたらね。

僕が題材を選んだのではなくて、題材が僕を選んだのです。2013年6月にあの(スノーデンの告発)ニュースが流れて感銘した。非常に重要なことだと思いましたが映画を作ろうとは思いませんでした。技術的に複雑な内容だったからです。

不思議な縁でモスクワでスノーデンと会うようにとの連絡を受けました。9回会う中、貴重な情報を得ることができました。それはニュース以上に価値のある情報でした。

彼は2年間、日本に駐在していた。将来的に日本がアメリカの同盟国でなくなったときのためにスパイプログラムをダム、駅、発電所、銀行などに組み込んでいた。

いざとなれば機能停止に追い込めます。非常の恐ろしいことです。 これは僕の視点ではなく、スノーデンの視点から描いた物語なのです。

重要なことを一つ言っておきたいです。ターゲットを絞った監視の形態がある。それは怪しいと思われる対象を絞って監視を行うことです。

これはテロリズムに対する有効な手段だとスノーデンは繰り返し述べています。(それに対して)マス監視はすべての国民が対象です。全てです。全てを監視して、テロリストを見つけ出そうとする手段です。

スノーデンは映画のようにテロに限らず全ての情報を標的にしていた。全ての情報を把握し権力を得ようとしている。テロに限ったことではないのです。

アメリカは全ての情報を把握することで権力を得ようとしているのです。人々は分かっていないのです。テロを見つけるためだと思い込んでいますが違います。もっと危険なことになるでしょう。

スノーデンのやったことは違法だと思う人もいるかもしれない。しかし、彼が暴露したことで誰も傷ついていないのです。(映画を)見た人は彼を人として理解できたと言います。

ドラマティストとして、これほど嬉しいことはありません。歴史家として成功ではないかもしれないけれども人々に考えるきっかけを与えたいのです。

日本は東南アジアを侵略した歴史がある。残虐行為も行ってきた。若者はこういった事実を知らない。

日本はアメリカの要塞になっていて、その半分は沖縄にある。人々は不満を抱いているし、基地からは何も恩恵もなく抗議をしている。辺野古は沖縄の中で最も美しいのに基地がある。

日本はとてもいい役割を果たせるのに安倍首相は真逆の方向に進んでいます。憲法9条をなくそうとしていたり、「共謀罪」を通そうとしたりしています。

僕からすると、完全に間違った方向に安倍首相は導こうとしている。アメリカが強力で難しいかもしれないが日本は東南アジアの最大の貿易国になるべきです。中国、台湾、インドネシアベトナムなど、これは大きな平和的な役割です。

日本は自分の運命を変えるべきです。

アメリカの同盟国として核の傘の下で、アメリカが中国に攻撃的になるように煽るようなものです。それは危険なことです。

冒頭で監督が語った「日本の問題」

もう、忘れたと思っていたよ。日本は素晴らしい国だ。文化だって。ただ、ひとつだけ問題がある。

日本は昔、持っていた主権がない。アメリカの衛星国であり、人質なのです。

こう言いたかった。

最初に言わなかったのはわかってもらえるとは思わなかったからで今までの話を聞いたうえでなら理解してもらえると思いました。

ありがとう。


<引用終わり>
------------------------------

 

管理人

簡単に言うと・・・
喉ぼとけにナイフをつきつけて、言うことを聞かなければ、刺すぞという意味です。これが、日本にとって一番の同盟国なのでしょうか?
言うならば、奴隷の扱いよりも・・もっとひどい。
テロリストの人質程度と言い換えたほうがしっくりきます。ダム、駅、発電所、銀行・・・ですか。
どれもこれもヤバいものばかりですが・・・中で一番深刻なのは、原子力発電所だと考えられます。冷却出来なくなると、大変な事態になってしまいます。

銀行も大混乱になると、庶民がお金を引き出せなくなります。また、銀行から電子マネ-を抜き取るなんてこともやりかねません。
ありましたね・・何らかのサイバ-攻撃を受けて銀行に大規模システム障害が発生し、何十億円ものお金が消失した事件。あれは何かの実験だったのでしょうか?

こういった事を考えて実行しているのは、CIAを中心とした裏社会の連中だと考えられます。超国家組織で、国際ネットワ-クを有する巨大組織にまで成長しています。歴代のアメリカ大統領よりも、裏社会においては、実質的には、上なのではないかと思われます。

アメリカを中心に巨大化し増殖し続けたガン細胞と云ってもいいと思います。誰にも止められない。
無論、トランプ新大統領でさえも止められないのは明らかです。日本国民に、是非、この真相を知って欲しいと思います。

また、今日まで、数々の嫌がらせや恫喝を受けてきたことも知らせたい。


日本は、テロ攻撃を受け続けている!~まさに戦時下!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11232911544.html

<一部引用>

過去に、アメリカによると推察される事件が、
日本でも多々起こっていますので、いくつかお話します。
情報源は、当時の首相官邸の取り仕切り責任者からです。

昭和60年8月12日、日本航空123便が、御巣鷹山墜落事故を起こしましたが、あれはアメリカの戦闘機が、発射した空対空ロケット弾で墜落したのです!

このころ中曽根内閣で、竹下大蔵大臣ですが、円が強すぎて、アメリカと貿易摩擦が起こっていたのですね!
そこで、アメリカ側が、円を切りあげろと、いってきましたが、竹下は、せせら笑って取り合わなかったのです。そうしたら、アメリカは、JAL機にロケット弾を打ち込んだのです!

一発目は、尾翼部分に命中しました。が・・・・・・。
ロケット弾により、油圧装置のワイヤーが効かなくなりましたが、日本のパイロットは優秀ですから、右のエンジンや、左のエンジンを交互にふかして、操縦していたのですが・・・。

アメリカの戦闘機のパイロットは、1発目で墜落しなかったものですから!そこで、2発目を右の上空から左側の主翼にミサイルを打ち込んだのです!
これにはジャンボ機もたまらずに、墜落してしまいました!落ちた飛行機の損壊状況は、左側の主翼の付け根の損壊が一番ひどかったのですね。
墜落時には、墜落現場に生存者がいましたで、米軍機は長時間、現場上空を哨戒して、自衛隊や、救助隊を近づけなかったのです!日本の救助隊の到着を遅らせたのです!生存者、つまり目撃者を消そうとしたのですね!
だから生き残った3人は、墜落時に現場では悲鳴がたくさん聞こえていたと証言していますが、他のことは絶対に何も喋らないでしょう。

恐ろしくて、しゃべれないのですよ!

事故調査にあたっていた前橋地検の山口悠介検事正は「事故原因を、ぎりぎりまで追究すれば、戦争になる!」と発言しています。

ボイスレコーダーも公表していませんね!

これにあわてた中曽根は、40日後の昭和60年9月21日に、プラザ合意をしたのです。そして、1ドルが、250円に決まったのですね!

また米軍がグアムに移転するのに18兆円必要だったのですが、日本が拒否して半年くらいしたころに、山手線の高田馬場と目白の区間で、
レールが二本ひん曲がっていたのです。朝一番でレールを点検していた者が発見しました。それを知った3日後に日本政府は、18兆円の捻出を決定しました。レール2本で、18兆円ですから悪くありませんよね!

また鹿児島でも、沖縄のP3C対潜水艦哨戒機の基地を、鹿屋に移せと米軍が言ってきましたが、日本政府が拒否しましたところ、鹿屋基地の前で、指宿に行く、トッピーいう船の水中翼船の後ろの羽根にアメリカの潜水艦が、火薬の抜いてある魚雷を衝突させたのですね!
水中翼船の折れ曲がったスクリューに、ペンキだけがついていたんのす!またかと、あわてた日本政府は3日後に、鹿屋基地移転を認めたのです!

このようなことは、枚挙にいとまがありません!だからアメリカは、日本は脅せば何でも「はい、はい!」と言うと思っていますから、要求が、だんだんエスカレートして、過激になるのです。

日本は、アメリカの準植民地ですから、取るものがある限り、潰してしまうことはありませんが!何もなくなりましたら、どうなることでしょう!

このような日本のアメリカに対する対応に、やきもきするロシアと中国は、ロシアは北方領土を、中国は尖閣諸島を「アメリカと手を切れば、日本の領土として認める!」といってますが、この話には安易に乗れません。
中国とアメリカは裏で、手を組んでいる可能性がありますから要注意です。つまり、尖閣諸島には、台湾有事の際の米軍のミサイル格納庫がありますので、米軍の第5軍の高性能の高速ミサイル艇が、海上保安庁と合同でキィーン(日本刀)作戦を尖閣諸島の海域で展開していますので、中国海軍が尖閣諸島に上陸、占領することなど不可能なのです。

先日の中国漁船衝突事件の時も、米第5軍のミサイル艇と挟み撃ちにしたので、米第5軍のミサイル艇を録画から消す のに、ビデオの公開が手間取ったのです。

現在、アメリカは経済が危機的状況下にありますので、日本政府に対して今も

「富士山を噴火させるぞ!」

「日本を海の底に、沈めてしまうぞ!」

と、連日のように恫喝して、日本政府から資金を、引き出そうとしています。

またアメリカは、「年次改革要望書」という形で、毎年、日本に資金を要求しており、大臣や、官僚の人事にまで、口を出しています!

さらに驚くことに、最近では、首相官邸の中に、原子力安全規制委員会の一室があり、アドバイザーがつめていますが、目的は首相の恫喝と、日本のコントロールです!
内政干渉の極めつけであり、このような例は、世界に一つとしてありません!

今にして思えば、何しろ日本は、1980年代は、実質、世界一の経済大国でした!
ジャパンマネーは、世界中で猛威を振るっており、世界経済は戦々恐々としていました。

それから31年間、ジャパンマネーは、アメリカに注ぎ込まれてしまい姿を消してしまいましたね!

世界最強の円が、アメリカの国債などの紙くずに、化けてしまったのです!

その元凶は、小泉純一郎竹中平蔵コンビが、アメリカのウォール街に、日本のメガバンクを売り渡してしまったからなのです。