読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HinotoYasuakiraの感じたままに

真の日本愛から物申す。真の主権国家たれ。真の平和国家たれ。真の平等国家たれ。真の自給国家たれ。

体験することを目的として生きる

そうならば 私は今『思い通り』に
生きている ということではないか。
津留晃一
私は初めに「あなたは無限です」と言われました。
会社を倒産させ全てを失ったと
思い込んでいた私に向かってです。
どん底だった私は
「そんな馬鹿な」と
考えながらも

その言葉を信じてみようと
思いました。

そのたった一言から始まりました。
「私が無限であるという事は、
私は全てという事だ」。
「私が全てという事は、
私が神だという事だ」。
「私が神だという事は、
倒産は私が仕組んだという事だ」。
「私が仕組んだという事は、
私がそれを知りたかったという事だ」。
「何だ、これこそ
私がしたかった事なのか、
そうならば
私は今『思い通り』に生きている
ということではないか」。

人間の苦しみは、
その原因を調べてみると
全てがたったひとつに帰結します。
それは自分の「思い通り」でない
ということだけです。
実に単純な事です。

5万人から愛されたとしても、
たった一人、
自分が愛されたいと思っている人が
思い通りにならないといって、
身を投げたタレントがいました。

仏陀
「母の命さえ救えないなんて、
王位という最高の権限・権力に
どんな意味があるというのだろうか」
と出家してしまいました。
9999の望みが叶ったところで、
たった一つが
思い通りに行かなければ
自我にとっては
その全てにおいて不幸と感じます。

「お前はこんなに
満たされているというのに、
なんて欲張りなのんだ」と
人を咎めてみても仕方ありません。
人間とはそういうものなのですから。
「私が神であるという事は、
私は何かを成し遂げる為に
わざわざ来るはずがない。
体験こそ私がしたかった事なのだ。

だったら今体験している私は
全てが『思い通り』
という事ではないか。
私はこれまで何かを
『する』事を目的としてきたが、
これからは『体験』を
私の目的としよう。

起きてくる事こそ私が、
体験したかった事なのだから。」
こう思えるようになって以来、
私の世界から
「思い通り」でない事が
消えてしまいました。
想いを遂げて
思い通りにして行くよりも、
ずっと容易に
「思い通り」を達成しました。

この世界を、体験の世界という窓を
通して見るようにしただけで
心は安らぎ、静寂を得ました。

心の揺らぎが
瞬間の範囲以内に
治まるようになりました。

これは「私が無限である」
と言う単純な考え方を、
そうだと仮定したことにより
起こってきたものです。