読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HinotoYasuakiraの感じたままに

真の主権国家たれ。真の平和国家たれ。真の平等国家たれ。真の自給国家たれ。

ある在日二世の吐露

在日二世として日本に生を受けて60余年。ずっと私は日本人の「姑息さ」にイライラしながら生きてきたように思います。

 

そのイライラの原因は何かというと、考え方が余りにも偏りすぎているところです。そして小さいところです。私から見て、どこまでも、「うちだけ、ここだけ、自分だけ」なのです。

 

しかし、もし私が日本人として生まれていたら、きっとそうなるのだろうなという思いがするほど、この日本という社会は独特で、周りの価値観がすべてを支配する、まさに小さな島国です。

 

だから知らず知らずのうちに、そこに住む人間まで小さくまとまってしまうのです。いや、そうならなければ生きにくいのです。

 

そのことをこの小さな島国で生まれた日本人には分からないほど、社会全体がその色に染まりきってしまっている。それを風土と言ったり、文化と言ったりするのだろうけど、グローバル化が進む世界の中にあっては非常に拙いわけです。

 

もし私がアメリカ人だったら、というか常にそういう目で見ながら子供の頃からこの国で生きてきたわけだけど、簡単に牛耳れるのが手に取るように分かります。アジアの人間には狡猾だけど欧米人には米つきバッタのようになってしまうのが日本人です。

 

よく言えば従順、悪く言えば奴隷体質。まさにアメリカにとってはこれほど好都合な民族はいないでしょう。

 

この国が主権を取り戻すのは本当に大変です。こんな奴隷体質の国民ですから、一部の人を除いて主体性がまったく生まれない。

 

革命は庶民が起こすものです。一部の有識者だけでは革命など不可能です。だから私は真面目にこの国がこの国らしく行きたいのであれば鎖国するしかないと思っています。

 

もし世界を相手にするのなら、国民の意識そのものを根底から変えなければならないわけで、それには最低でもこれから100年はかかるでしょう。しかし、アメリカは間違っても日本人の覚醒を望みません。ずっと無知な国民として教育していくでしょう。そして、アメリカに隷属する政治家や官僚たちもそれに従い続けるでしょう。

 

何れにせよ、私たちの子孫が自ら声を上げ、行動しない限りに、いくら私のようにこの国を愛する者が声を上げてもダメなほどこの国は腐りきっています。未来のある者が、その未来に対して命懸けで戦うしかありませんね。

 

よく日本人は世界から尊敬されていると言いますが、それはある部分ではそうでしょう。平和的、勤勉、親切という意味で。しかし、欧米人はどこかで日本人を蔑んでいるのは事実であり、その理由は基本的に主体性を持たない人間だからでしょう。

 

日本人はいつになったら「無知ないい人」から脱却できるのかな。

 

在日という言葉は既に加速度的に色褪せています。何故なら、今や四世五世になる時代であり、彼らは既に全くと言っていいほど日本人だからです。

 

そのことを理解できない差別的日本人を見ていると、やはり先にも言った「どこまでいっても小さな島国の民」としか映りません。在日の多くは、この国の国民がそうであるように日本を愛しています。

 

これほど長く共存しながら、未だに排斥の念が強い日本人がこれからどうやって世界と対峙していくのでしょうか。もう一度正しく歴史を学び、内なる国際化の意味を咀嚼していかない限り、日本人はアメリカとアメリカに傅く売国政治家と官僚の餌食になり続けるでしょう。